読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

七草がゆ

本日1月7日は「人日の節供」でお正月最後のこの日に一年の豊作と無病息災を願って「七草がゆ」を食べます。

 

ちなみに、「春の七草」言えますか?(写真右上から)

ゴギョウ

ホトケノザ

スズシロ(大根)

●セリ

ハコベラ

ナズナ(ぺんぺん草)

スズナ(蕪)

f:id:ks-clinic:20170107222844j:plain

これらは静岡県三島市の内藤秀一さんが生産されている七草セットです。

 

七草粥は古く中国より伝わり、正月料理で疲れた胃を休め、平常の食生活に戻す区切りとして考え、野菜の乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う役割とされている、先人の知恵です。

 

七草はさっと湯通しすると青臭さが少なくなります。

私は仕上げに「ごま油」を回し入れて食べるのが好きです♡

f:id:ks-clinic:20170107221845j:plain

 

 

 

 

お節料理

いつも治療をしている患者様から、おせち料理のお裾分けをいただきました。

 

自然の恵みや収穫に感謝して神様にお供えしたものを「節供(せっく)」といい、そのお供えを料理し、自然の恵みに感謝して食べた料理を「節供料理」といいます。弥生時代にはじまったこの「節供料理」が「おせち料理」のはじまりと言われています。

 

f:id:ks-clinic:20170103192356j:plain

子供の頃、おせちの各素材や料理の意味を祖母ちゃんからよく聞かされていました。

 

●黒豆 1年間マメに働き、マメに(健康に)暮らせるように

●数の子 ニシンは卵をたくさん産むので、子宝・子孫繁栄の願い

●牛蒡 ごぼうは地中深く根を張るので、家族や仕事がしっかり根を張って安泰に

●紅白かまぼこ 初日の出に似た形と、赤は魔除け、白は神聖・清浄

●レンコン 穴が開いているので、将来の見通しが良い

●えび エビのように腰が曲がるまで長生きできますように

●ブリ ブリは成長につれて名前の変わる出世魚だから、出世を願って

●里芋 親芋にたくさんの子芋が付くから、子宝を願って

●椎茸 椎茸の笠を陣笠に見立てて、元気・壮健の願い 

●蒟蒻 蒟蒻を手綱に例えて、手綱を締めて心を引き締める 

●昆布 養老昆布(よろこぶ)は不老長寿とお祝い

●筍 筍は成長が早いので、子供がすくすく育つ、立身出世を願って

 

こんな願いが込められたオセチです。意味を噛みしめながら美味しく頂きました。

昔の人は食べ物を大切にし、感謝しながら生きていたんですね。

 

瞑想

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

長らくブログをお休みしていましたが、年も新たに再開いたします。

皆さんどうぞお付き合いくださいませ。

 

今年の大きな目標は、治療院の開業です。

これまで、新大久保の「東洋鍼灸治療院」と西川口の「ケイズインテリア工房2階の治療室」を利用してきましたが、本年5月を目途に、ケイズインテリア工房1階のを改装して治療院を開業いたします。どうぞごひいきにお願いいたします。

 

さて、今年最初の(再開最初)のブログですが「瞑想」についてお話しします。

私が鍼灸学校に通い始めてからずっと日課にしている瞑想を少しご紹介します。

瞑想を毎日続けていると、知らず知らずのうちに下記のような効果が感じられてきました。

 

【瞑想の効果】(効果には個人差があります・・・)

●ストレスがなくなります。(その日のストレスはその日のうちに解消しましょう‼)

●ゆったりとした心持になり、たいていのことは許せるようになります。

●心配事が解消したり、不安なことがなくなります。

●集中力が長続きします。また、短時間で集中できるようになります。

f:id:ks-clinic:20170102161921j:plain

 

1. 瞑想時間を決めます。(私は毎日0時から約30分間瞑想しています。)

瞑想時間はいつでも良いですが、毎日ある程度決まった時間にルーティンで瞑想を行ったほうが習慣化できます。ただルールに雁字搦めになると逆効果のようです。決めた時間に瞑想できなくても毎日続けることの方が良いみたいです。。。肩肘張らず、少しいい加減に瞑想を始めてみましょう。良い加減に瞑想できるようになりますよ(笑)

 

2. 部屋を暗くして、リラックスできる姿勢で座ります。

私はリビングのソファーに座り、蝋燭に火をつけてその炎を見つめながら瞑想しています。目を閉じても良いそうですが、私は炎を見つめているほうが心地いいのでそうしています。

 

3. 自分で決めたマントラ(言葉・文字・真言)を唱えます。

当初は霊気の先生に教えていただいた「シンボル」を唱えていましたが、今は「ホ・オポノポノ」のクリーニングツールを唱えています。

※ホ・オポノポノのクリーニングツール

「愛しています」

「許してください」

「ごめんなさい」

「ありがとう」

f:id:ks-clinic:20170102191149j:plain

※ホ・オポノポノについては後日ブログでご紹介しますね。

 

私が毎日行っている瞑想の基本はこれだけです。

最初の頃は瞑想に入りマントラを繰り返し唱えていると、いつの間にかマントラを唱えるのを忘れ、いろんな雑念が頭の中に浮かんできます。雑念が浮かぶと、すかさずマントラを繰り返し、雑念を脳から追い出します。

最近では約25分の瞑想時間(蝋燭1本が燃え尽きるまでの時間)一度も雑念が浮かんでこない状態になりました。瞑想時間の後半は雑念もマントラもない「無」の状態で炎を眺めることができるようになりました。

f:id:ks-clinic:20170102190749j:plain

私はこの25分間の瞑想中に「軽擦」と「合掌気練」を行っています。鍼灸師としての「気の養練」と「手造り」を同時にやってます。

この瞑想法は、誰かから正式に教わったわけではないのであくまでも自己流ですが、自分にあった瞑想を毎日行っているって事が重要だと気付きました。

皆さんも自分なりの瞑想法を見つけ実践してみてください。

お灸教室

お灸教室を開催しました。

参加者はずっと前からお灸に興味はあったけど、なかなかお灸するチャンスがなかった方々です。

 

乾燥ヨモギから艾を手作りする体験もしました。

「こうやってお灸のもと(モグサ)ができるなんて思いもしませんでした。」

f:id:ks-clinic:20161015220704j:plain

そのあと、せんねん灸の使い方を学び、実際に自分の体にお灸を据えてみました。

ツボの見つけ方も練習し、うまくお灸することができました。

お灸体験の前は体が硬くて、前屈しても床に手が届かなかった参加者も、掌が付く位まで柔軟性が上がった人もいました。

次回のお灸教室にもぜひ参加したいと、大好評のうちに終了しました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

優勝!!

赤ヘル軍団が見事セントラルリーグ優勝を決めました‼

広島出身の私は勿論カープファンですよ。。

f:id:ks-clinic:20160913012614p:plain

いやあ~男気 黒田さん 本当におめでとうございます。

なんと四半世紀(25年)ぶりの優勝です。

25年前の私は広島大学を卒業し、東京に出てきたばかりでした。

会社の独身寮で優勝を喜んだ記憶があります。

f:id:ks-clinic:20160913013304j:plain

山本浩二監督のもと佐々岡、大野、北別府など素晴らしい投手陣が揃っていました。ただ、津田投手がシーズン途中で戦線離脱し、優勝の時にいなかったのが残念でした。

 

さて、25年前と違い現在はリーグ優勝しても日本シリーズには出場できません。

クライマックスシリーズで勝たなきゃいけないんですね。

あと1カ月、緊張感を持続して日本シリーズの出場権を手にしてください。

 

 

中国土産

この夏、中国に短期留学に行っていた猪越先生から中国のお土産をたくさん頂きました。その中でも一番のお土産は、中国の先生方による中国鍼のデモンストレーションのビデオです。やはり、本場の鍼は手捌き、スピード、正確性など、どれをとっても素晴らしい技術でした。猪越先生ありがとうございました。

 

猪越先生からはその他にもたくさんのお土産を頂きました。

今日はその中の一つ「同仁牛黄清心丸」を紹介します。

f:id:ks-clinic:20160913004834j:plain

利用説明書は全文中国語なので、チンプンカンプンなのですが、猪越先生からは「死ぬほど疲れた時に服用すること」と、説明を受けました。

実は昨夜から仕事の関係でほとんど睡眠できていない状況だったので「服用するなら今だ‼」と思い、封を開けました。

f:id:ks-clinic:20160913005933j:plain

この丸い球を割ると・・・

f:id:ks-clinic:20160913010241j:plain

中から黒い丸薬がでてきました。

これを口に含むと甘・苦味がまず口に広がりました。

その後じわじわと塩味と酸味が感じられました。

30分程度ゆっくりしていたら、体中の気が充実してきて、血の流れがスムーズになってくるのを実感できました。

睡眠不足でボンヤリしていた頭もすっきりし、今日も一日乗り切れました。

今晩はぐっすり眠れそうです(*^-^*)

八ヶ岳鍼灸合宿(2日目)

合宿2日目も良いお天気です。

卒後研修に参加している3名の先生は白衣に着替えて、将来の夢、研修への意気込みを語り合ってもらいました。(その内容は「東鍼同窓会だより」に掲載されます。)

f:id:ks-clinic:20160912230455j:plain

また、OKU先生に「焼き切り透熱灸」の実演をしていただきました。ほんのり暖かくて、とても気持ちいいお灸です。

f:id:ks-clinic:20160912230725j:plain

最後に皆でハイキングにいき、自然の気を体いっぱいに補充してきました。

f:id:ks-clinic:20160912235351j:plain

身も心もリフレッシュできました。

全員の記念写真です‼

f:id:ks-clinic:20160912235444j:plain

 

八ヶ岳鍼灸合宿(1日目)

24日・25日の両日で八ヶ岳に合宿に行きました。

会場のロッジは周りを木々に囲まれた最高の場所です。

f:id:ks-clinic:20160913000231j:plain

自然からの気が集まっている場所で、友人たちと2日間を過ごしました。

f:id:ks-clinic:20160912235648j:plain

ランチには、八ヶ岳の麓の乙女峠に行く途中にある「仙人小屋」でキノコ天ぷら定食をいただきました。(いろんなキノコが満載です‼)

f:id:ks-clinic:20160912224734j:plain

夜はみんなでBBQを楽しみました。

f:id:ks-clinic:20160913000200j:plain

明日はハイキングです‼ ・・・鍼灸の練習は?・・・・・

補瀉について

夏の東洋臨床研究会を開催した。

今回のテーマは「補瀉について」

 

鍼灸の道は唯補瀉にあり」という言葉があるように、鍼灸術の神髄は、いかに的確な補瀉法を施すかにあります。

単純に鍼を刺したり、灸を施してもある程度の効果は得られますが、補瀉を意識して治療すると、劇的な治療効果の変化があります。

今日は補法、瀉法の概念と、手技について手塚先生に教えてもらった。

午後からの実技練習では、各自が相対相手に対し、適切な補瀉手技を行い愁訴を改善していった。

f:id:ks-clinic:20160910162010j:plain

興味深いのは、補法の時は「ホッ、ホッ、ホッ」と、瀉法の時は「シャッ、シャッ、シャッ」と唱えながら手技を行うだけでも、効果に違いが出てくる。

とっても不思議だけど、「言葉には念が宿るので、口に出した通りになるんだよ」と仰っていた石原先生の言葉を思い出しました。

馬の背洞門

 

城ヶ島2日目

今日は台風一過で朝から良いお天気‼

午前中は宿舎の眼前の長津呂湾でスノーケルを楽しんだ。

ソラスズメダイ・ボラの幼魚・ヘビギンポオヤビッチャ・ハオコゼなどたくさんの魚が観察できた。

ランチを食べた後は城ヶ島南部のネイチャーウォークを楽しんだ。

途中の馬の背洞門にはたくさんの観光客がいた。

f:id:ks-clinic:20160910144648j:plain

この穴は波の力でアーチ状にくりぬかれた海蝕洞穴です。

高さ8m 幅6mの大きなトンネルです。この洞穴は1923年の関東大震災以前は半分海中にあり、小舟でこの穴を通り抜けていたそうですが、震災の地盤隆起で1.4mせり上がり現在のように地上に露出したんだそうです。

岩を穿つ波の強さ、地盤を持ち上げる地力の強さ、自然のパワーを感じさせる場所です。よく見るとメインの洞門の左右にも小さな洞穴を確認することができます。

自然からの気を十分に補充することができた一日でした。