ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

七草がゆ

本日1月7日は「人日の節供」でお正月最後のこの日に一年の豊作と無病息災を願って「七草がゆ」を食べます。

 

ちなみに、「春の七草」言えますか?(写真右上から)

ゴギョウ

ホトケノザ

スズシロ(大根)

●セリ

ハコベラ

ナズナ(ぺんぺん草)

スズナ(蕪)

f:id:ks-clinic:20170107222844j:plain

これらは静岡県三島市の内藤秀一さんが生産されている七草セットです。

 

七草粥は古く中国より伝わり、正月料理で疲れた胃を休め、平常の食生活に戻す区切りとして考え、野菜の乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う役割とされている、先人の知恵です。

 

七草はさっと湯通しすると青臭さが少なくなります。

私は仕上げに「ごま油」を回し入れて食べるのが好きです♡

f:id:ks-clinic:20170107221845j:plain