読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

古典医学研究 鍼和会

今年最初の鍼和会に出席してきました。

本日は五〇難~五三難を学習しました。

内容を少しご紹介しますね。

 

難経五〇難【五邪(虚邪・實邪・賊邪・微邪・正邪)の種類と、それぞれの盛衰を説明しています。】

 

例えば「心の病」に対して

「肝の病症」が起因していれば虚邪

「心の病症」が起因していれば正邪

「脾の病症」が起因していれば實邪

「肺の病症」が起因していれば微邪

「腎の病症」が起因していれば賊邪

となります。

またそれぞれの盛衰は

虚邪は相生関係で軽症 微邪も相克関係で軽症

實邪は相生関係の逆証なので激しい劇症

賊邪は相侮関係で重症になります。

正邪は自経内で完結するので単症となります。

 

f:id:ks-clinic:20170122200358g:plain

難経五一難【病症から臓病(陰病)か腑病(陽病)かを分別する鑑別法を説いています。】

 

病人が冷たいものを欲しがったり、人に合わないと寂しいと思う人は六腑の病(陽病)になります。外邪性(五邪で発病)で実証が多くなります。

病人が暖かいものを欲しがったり、人と会うことを嫌い、部屋を暗くして一人こもり、人の声さえ嫌う人は五臓の病(陰病)になり、内因(七情)からおこり、虚証が多くなります。

 

難経五二難【臓病と腑病の症状はそれぞれどのようなものか説明しています。】

 

臓病は陰病なので、症状は現れたところに留まり、その部位から離れない。

腑病は陽病なので、症状は彷彿賁嚮(ほうふつふんきょう:あちらこちらさまよう)して上へ行ったり下へ行ったりし、一ヵ所にとどまらない。

 

難経五三難【七伝と間伝の説明をしています。】

 

七伝は相克関係の順に7回推移します。相克関係は重症となます。

心の病が肺→肝→脾→腎→心→腎と7回推移して最後には死に至ります。

間伝は相生関係の順に病が推移し、軽症で治りやすいと言われています。

心の病は子の「脾」→孫の「肺」へと病状が推移します。

これらをもって「七伝は死、間伝は生」と言われます。