読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

ショウガ灸

銀座にある「せんねん灸お灸ルーム」で来月開催するお灸教室の打ち合わせを行いました。参加者は70名になるそうです。鍼灸師20名が分担して運営します。

f:id:ks-clinic:20170129224921g:plain

本日の打ち合わせでは、お灸教室で実施するモグサ作りの練習をしました。

乾燥ヨモギを焙煎すると、ほうじ茶の様ないい香りが立ってきます。

それをすり鉢で十分に擂り、葉柄・葉脈などを粉砕し、ふるいにかけ、ヨモギの葉の裏側にある葉毛と分離します。

すり鉢とふるいを繰り返すと、深い緑色だったヨモギはベージュ色になります。

純度の高い葉毛は、チネオールという精油(アロマオイル)の香りが強くなってきます。

この100%天然アルマオイルの香りがリラックス効果を高め、モグサの燃焼温度を低くし、心地よいと感じられる温度にしてくれます。

f:id:ks-clinic:20170129225801j:plain

 

今日は作ったモグサでショウガ灸を楽しみました。

5㎜程度にスライスしたショウガに作ったモグサを乗せ、合谷に据えました。

f:id:ks-clinic:20170129225837j:plain

ほんのりとした温もりと、かすかな生姜の香りがチネオールの香りと相まってリラックス効果を更に高めてくれます。