読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

東洋医学臨床研究会(胃腸の不調)

東洋医学臨床研究会は東鍼校の元講師「手塚忠幸先生」の勉強会です。

今回は胃腸の不調に対する東洋医学的アプローチを学びました。

胃腸の不調は主訴となることはあまりありませんが、多くの患者様が訴えておられる症状です。そして、その原因がはっきりしないことも多く、西洋医学においても「機能性胃腸症」という病名が付けられています。

f:id:ks-clinic:20170409205658j:plain

この機能性胃腸症内視鏡検査などでもガンや潰瘍といった器質的疾患が見られないにもかかわらず、胃の痛みやもたれ感、食後の膨満感、不快感などを覚える疾患で、明確な病名が付けられないので、とりあえずこの病名を付けておこう・・・と言った類のものだそうです(意見には個人差があります・・・)

西洋医学ではどのようにアプローチしてよいか判らない、こんな症状こそ、東洋医学の出番ではないでしょうか?

特に胃腸の不調は、鍼灸の効果が出しやすいのです。(鍼治療をしている時に、患者様の胃腸がゴロゴロ動き出すことは意外と多いですよね。)

今回の研究会では、胃腸の不調に対して、どのように証を立て、どんなアプローチをしていくのか、整理して教わりました。

午後の臨床練習では、実際に鍼を刺し、胃腸が活性化していく様子を体感しました。

胃の具合があまりよくないという患者さんが来院されたら、自信をもって治療に臨めるようになりました。

 

※この研究会は会員募集中です。ご興味のある人は、ご連絡ください。