ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

しょうぶ湯

屋根よ~り た~か~い 鯉の~ぼ~り~♬

今年の広島カープも強いですね~!! うれしい限りです。

 

さて、そんな今日は 5月5日の「端午の節句:こどもの日」です。

五節句の一つで、男の子の元気な成長を願い、母に感謝する日とされていますが、昔は女性のための節句だったみたいですね。

 

そもそも5月は悪月とされ邪気が多い月だったようです。その邪気を払うために軒先にヨモギの葉や、ショウブの葉を飾っていたみたいです。

※5月病はこの邪気にあてられて気力がなくなり、精神的に参ってしまう病です。

ショウブの葉は剣に似て、その独特の匂いが邪気を払うようです。

また、ショウブは「勝負」や「尚武」の文字に通じることから、男子が元気・勇壮に育って欲しいと願うことから男の子の節句になったようです。

そんなショウブの葉をお風呂に浮かべて入る「しょうぶ湯」が私は大好きです。

毎年、自宅の湯船にショウブの葉を浮かべるのですが、今日は近所の銭湯で「しょうぶ湯祭り」を開催しているようなので、そちらに行くことにします。

f:id:ks-clinic:20170505105637j:plain

しょうぶ湯にはその香り成分の「アザロン」「オイゲノール」という精油の薬効として・血行促進・冷え性・腰痛・神経痛・筋肉痛・リウマチ・肩こりに効果があります。しょうぶ湯の独特の香りを体いっぱいに体感して、疲れを洗い流してきま~す。

風呂上りには、柏餅を食べながら プロ野球中継(阪神戦)を楽しみたいと思います。