読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

ジュノ

MOVIE

(原題:JUNO)

 

JUNO.jpg

制作国、年 :アメリカ、2007年

ジャンル   :ハートフルコメディ

監督     :ジェイソン・ライトマン

出演     :エレン・ペイジ(ジュノ・マクガフ)

         マイケル・セラ(ポーリー・ブリーカー)

         ジェニファー・ガーナー(ヴァネッサ・ロリング)

 

【解説】

 

16歳のジュノは、バンド仲間のポーリーと興味本位でした、たった1回のセックスで妊娠してしまう。高校生が子供を育てられるわけがなく、ジュノは親友リアに「中絶するつもり」と報告するが、中絶反対運動中の同級生に「赤ちゃんにはもう爪も生えているわよ」と言われ、産む決心をする。

フリーペーパーで子供を欲しがっている理想的な若夫婦をみつけ、里子に出す契約を交わしたジュノは、大きなお腹を抱えて通学する生活を始める。

 

この映画は製作費10億円足らずの低予算ながらその十数倍の興行収入を記録した。

わずか7館から始まった上映は、口コミなどで最終的には2400以上の劇場へと拡大した伝説の映画。

  

JUNO1.jpg  JUNO2.jpg

 

【感想】 

予期せぬ妊娠をしてしまった16歳の女子高生ジュノの9ヶ月間の成長を描いたハートフル・コメディ。

ジュノ(エレン・ペイジ)の堂々たる行動とシュールな台詞は痛快きわまりない。

登場人物全員がほんの少しずつ"得る"ことになるラストシーンは、最高に良かった。

ちょっとだけ切ないけれど、心温まる感動がいつまでも心に残った。

 

【オススメ度】★★★★★