ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

海のブラックバス サキグロタマツメタ

海のブラックバス サキグロタマツメタ 

外来生物の生物学と水産学

 

sakiguro.bmp

 

各地で潮干狩りを中止に追いやったアサリの天敵、巻貝のサキグロタマツメタ

被害は拡大するもののこの巻貝の生態・生理、侵入経路などは謎に包まれていました。

この本は、大越先生をはじめとする編者らが、地道な観察・研究の成果を基に、多くの貴重な写真を配置しこの食害生物の全貌を明らかにした専門書です。

 

著者 :大越健嗣・大越和加 編

サイズ:A5判/並製/244頁

定価 :3,360円(本体3,200円)

発行 :2011年2月15日

出版社:恒星社厚生閣

  

アサリを包み込んで殻に穴を開けて肉を食べる姿や水中を泳ぐ姿、茶碗をうつ伏せにしたような卵塊など、滅多にみられない写真も見ごたえあります。

生物学的にも、生態学的にも、そして生態系保全を考える上でも、刺激を与えてくれます。

また、生産者・流通者・消費者の問題点も浮き彫りにしています。

サキグロタマツメタには罪はなく、非難されるべきはやはり人間なんですね・・・

巻末にある「サキグロたまちゃんの大冒険」は必見。

このサクグロタマツメタの生態観察(研究)は東北震災で被害を受けた石巻市万石浦で行われていました。