ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

ヒヨドリ

雑司が谷霊園を散歩していたら、

ヒヨドリが椿の木にとまり花の蜜を吸っていました。

しばらくすると他にもやってきて、

ピーヨ、ピーヨとうるさくなき始めました。

 

Hiyo1.jpg

 ヒヨドリ (鵯、Hypsipetes amaurotis)スズメ目 ヒヨドリ

 

【分布】

日本、台湾、中国南部、フィリピン(ルソン島)に生息

日本国内では留鳥または漂鳥としてごく普通に見られますが、

他の地域での生息数は少ないです。

 

【形態】

全長は27-29cm。翼開長は約40cm。

尾は長めで、ムクドリツグミよりほっそりした体型。

くちばしは、先のとがった黒色です。

鳥は通常オスが派手な色をするのですが、ヒヨドリは雌雄同色です。

頭部から胴体は灰色の羽毛に覆われいて、頬に褐色がとても目立ちます。

下尾筒には白地に黒い筋模様があります。

また、頭頂部の羽毛が逆立ったように見える。

 

Hiyo.jpg

 

【生態】

山地~都市部の木のある環境で見られます。

ツグミムクドリよりも体を直立させてとまり、

主に樹上で活動しています。

飛ぶときは数回羽ばたくと翼をたたんで滑空するパターンを

繰り返し、波型軌道になるのが特徴です。

鳴き声は「ヒーヨ! ヒーヨ!」と甲高い声で、

和名はこの鳴き声に由来しています。

果実や花の蜜を食べ、繁殖期は昆虫類も多く捕食するそうです。

 

Hiyo semi.jpg

セミを食べているところ‼(激写‼)