ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

アセビ

近所のマンションの植え込みにあるアセビの花が満開です。

下向きの可愛らしい花が鈴なりです。花が壺刑なのでまさに鈴みたい。

和名の馬酔木は、馬が葉を食べれば苦しむという所からついたそうです。

 

asebi.jpg

 アセビ (馬酔木 Pieris japonica subsp. japonica)ツツジ目 ツツジ

 

【分布】

本州、四国、九州の山地に自生する常緑樹。やや乾燥した環境を好みます。

庭園樹、公園樹として好んで植栽されるほか、「花もの盆栽」等としても利用されます。

 

【形態】

樹高は1.5mから4mほど。葉は楕円形で深緑、表面につやがあり、枝先に束生します。

 

asebi1.jpg

 

【生態】

早春になると枝先に複総状の花序を垂らし、多くの白くつぼ状の花をつけます。

果実は扇球状になります。

有毒植物で、葉を煎じて殺虫剤として利用することもあります。

多くの草食哺乳類はアセビを食べるのを避けるため、食べ残されます。

奈良公園では、シカが他の木を食べ、この木を食べないため、アセビが相対的に多くなっているそうですよ。