ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

最後の恋のはじめ方

(原題:Hitch)

 

Hitch.jpg

制作国・年:アメリカ、2005年

ジャンル :ロマンチックコメディ

監督   :アンディ・テナント

出演   :ウィル・スミス (ヒッチ)

       ケヴィン・ジェームズ(アルバート

       エヴァ・メンデス (サラ)

 

Hitch1.jpg

 

【解説】

デート・コンサルタントを営むヒッチは、不器用な男たちが結婚にゴールインできるように恋愛指南を続けている。

ある日ヒッチは、モテない勤め人の男、アルバートから依頼を受けた。

彼は、自身が資産管理を担当するコール財団のセレブ、アレグラに恋してしまったのだという。

ヒッチのアドバイスのおかげで、アルバートはアレグラとデートをすることになり、念願のキスまで成功させる。

一方、ヒッチはバーで出会ったゴシップ記事専門の新聞記者、サラに恋をする。

満を持して彼女とのデートに臨んだヒッチだったが、仕掛けたことが裏目に出て、満足のいくデートにはならなかった。

しかし意外にも、サラの方から次のデートの誘いが来る。

追いかけているアレグラのスキャンダルに、ヒッチが関わっていることを知り、その情報収集をしようと目論んだのだ。

デート中、サラの目的に気づいたヒッチだったが、彼女の家で夜を過ごし、翌朝初めてのキスをする。

だがサラは、親友のケイシーを傷つけたと誤解しているデート・コンサルタントの正体も追っており、それがヒッチだと分かった途端、激怒。

ヒッチの正体と、彼にコンサルタントを依頼していたアルバートのことを、暴露記事として世間に晒してしまう。

このスキャンダルのせいで、ヒッチとサラに続き、アルバートとアレグラも破局。

だが真剣にアレグラを愛していたアルバートは、彼女に再びアタックして、彼女のハートを本当にモノにする。

それに刺激されたヒッチは、サラとの誤解を解き、2人はめでたく結ばれるのだった。

  

【感想】

ウィルスミスの天真爛漫なオーラは高感度が高い。

あそこまで、常に周囲を明るくできるポジティブな空気を保てる俳優さんって珍しいと思います。映像を通じて観ているだけで、こっちまで明るい気持ちにさせてくれます。

音楽もラップにしては上品に心地よく、でも格好よく聞けて、いいですね。

最近は、アカデミーを狙うような大作にも続々出演している彼ですが、今作は、もともとの持ち味であるスタイリッシュで軽妙なモテ男ぶりが復活です。

相手役の、今や人気うなぎのぼりの、エバメンデス。ラテン系の女優さんもとても魅力的です。抜群のスタイルとセクシーな顔立ちながら、男性顔負けの強さと潔さを合わせ持つ「男前」な女性。

内容的には、非常に軽く楽しめます。

ニューヨークのおしゃれスポットも満載なので、カップルで、女友達同士で、ワイワイ楽しみながら見るのにお奨めな映画です。

 

【オススメ度】★★★★☆