読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち 鍼灸道

「鍼灸道は一日でならず」  グッサン先生の鍼灸修行日記

続続 ぎっくり腰

「・・・今日は動けるからって無理してると、明日の朝、痛くて起き上がれなくなるよ(笑)・・・」そういえば、大浦先生が言っていたなぁ~

 

「ヴッ・・・グゥ 大浦先生の言ったとおりだ・・・起き上がれない‼」( ゚Д゚)

昨日は痛みが全くなくなっていたのに・・・

取りあえずゆっくり起き上がり、コルセットを巻いて研修に向かう。

 

今日は研修で齋藤鳳観先生にお会いしたので、腰の具合を診ていただきました。

先生は腰を見るなり、「う~ん、奥の方に炎症が残っているだけだから、すぐ取れるよ」とおっしゃりながら、座位のまま頭部(たぶん率谷と天柱)に鍼を深めに入れました。

そのあと、L4下の脊際(右側)に1鍼、右腰眼に深めの1鍼を入れました。

右腰眼の鍼は結構奥まで響いていました。その鍼に手技を加えながら、体を前後に倒すように指示されました。私は恐るおそる体を前後に倒しました。そのたびに右腰に強い響きを感じていました。

座位のまま置鍼を5分くらいして再度運動を指示されたので、前後に体を倒しました。今度はそれほど響きがありませんでした。そしたらおもむろに、「ハイ、立って‼」と言われたので、反射的に立ち上がりました・・・そしたら、なんの違和感もなくスッと立ち上がることができました。次に「ハイ、座って」 座るときも全く痛みを感じません。これで治療は終了でした。

 

OKU先生、大浦先生、齋藤先生、本当にありがとうございました。

齋藤先生は「ぎっくり腰は1回で治さないと、患者は来ないよ‼」と、やさしい笑顔で言われました。まさにその通りだと思いましたが、私にできるだろうか???

鍼灸道、極みへの道程はまだまだ遠い・・・

「道」の画像検索結果